データベースエンジニア 現場の声

自分の仕事がより見えると思っている人が多い

データベースエンジニアは、データベースを取り扱います。

もちろんデータベースはシステムの中の一つの要素なので、すべてを自分自身で作業することはできません。

他にもネットワークエンジニアなどと一緒になって、仕事に取り組むことも必要になります。

ただし、実際に別の職業からデータベースエンジニアに転職した人の意見を見てみると、より自分の仕事が見えると思っている人が多いことが分かります。

どういうことかと言うと、プログラマーやシステムエンジニアからデータベースエンジニアになる人が多いのですが、プログラマーやシステムエンジニアの場合、個人の貢献がなかなか見えづらいと言われています。

プログラマーやシステムエンジニアの場合、どうしてもプロジェクトの一員として働くケースが多くなります。

そうなるとプロジェクトの中に埋もれ、自分の仕事がどのような評価を受けているのかがなかなか見えにくくなります。

会社や社会に貢献していることを実感できる

しかしデータベースエンジニアの場合、より少数精鋭でシステム開発などの仕事に当たります。

その結果、自分の行っていることがどれだけ会社に対して貢献をしているかが見えやすくなります。

データベースエンジニアは残業時間も長時間になってしまうこともあり、なかなかハードな仕事です。

しかしそれでも、自分がきちんと仕事をして会社や社会に貢献していることを実感したいので、データベースエンジニアに転職する人は多いです。

自分が必要とされていることを実感したいと思っている人は、データベースエンジニアに転職してみてはいかがでしょうか?

 データベースエンジニア求人が見つかる求人サイトはこちら