データベースエンジニア 労働環境

データベースエンジニアは週に1日程度は徹夜の状態

データベースエンジニアは給料もそれなりのキャリアを歩んでいれば年収500万円オーバーの案件も結構あります。

ここまで見ると、結構魅力的な仕事と思えるかもしれません。

しかし実際の労働環境を見てみると、果たして上で紹介した年収が見合っているかどうかは疑問です。

実はデータベースエンジニアの労働環境は、かなりハードであると言われています。

会社勤めをしていると残業を求められることも少なくありません。

普通残業時間ですが、月に40時間前後が一般的と言われています。

ところがデータベースエンジニアの残業時間を見てみると、月に100時間を超えるケースも決して珍しくないと言われています。

さらに忙しい時期に差し掛かってしまうと、月に残業が160時間近くになるケースもあります。

160時間近い残業と言われても、ピンとこない人もいるでしょう。

常週に1日程度は徹夜の状態になります。

ハードな職業であると言うことを認識する

その上で原則として休日なしのぶっ続けで業務をするとこれくらいの時間になります。

いかにハードな職業であるかと言うことを認識しておきましょう。

残業時間がかなり長くなりますので、就職する前に、残業手当の取り扱いについてはきちんと確認をしておくべきです。

残業をすればきちんと手当を付けてくれるかどうか、上限はどこまでなのかを事前に確認しておくべきです。

もし自分で交渉するのが苦手であれば、人材紹介会社に登録してキャリアコンサルタントに交渉をお願いする方法を取りましょう。

 データベースエンジニア求人が見つかる求人サイトはこちら