データベースエンジニア スキル

データベースエンジニアに求められるスキルは多数ある

データベースエンジニアとして活躍していくためには、求められるスキルがいくつかあります。

まずはOracleMasterと言う資格を取得しておきましょう。

OracleMasterとは、オラクル社と言う所が認定している資格を指します。

自社で提供しているソフトを使いこなす能力があることを認定する資格を指します。

なぜOracleMasterが必要かですが、現在データベースを設計や管理をする時にオラクル社のものが使われることが多いからです。

シェアで見てみても、オラクル社が圧倒的な率を占めています。

データベースエンジニアとして活動をするなら、オラクル社の製品の使い方はマスターする必要があります。

その他にも、MCPと呼ばれるマイクロソフト社の認定する資格を取得しておきましょう。

資格を取得して有利に転職活動を行う

さらには、テクニカルエンジニアの国家資格があります。

この資格を取得しておくと、採用の際に評価がアップします。

データベースエンジニアにはいろいろな仕事があります。

データベースの設計やストレージサーバの最適化を図る仕事もありますが、これらの案件は経験者でないと応募できないケースが多いです。

しかし中には、既に構築されているデータベースの運用を実際にする仕事であれば、未経験者でも採用される可能性があります。

その他にもセキュリティ規則の設計やデータのバックアップを行うような案件であっても、未経験者で採用してくれるケースもあります。

このような未経験者でも採用される案件に応募する場合には、上で紹介した資格を取得しておくべきです。

 データベースエンジニア求人が見つかる求人サイトはこちら